ケノン美顔効果

ケノンは家庭用脱毛器としての機能だけではありません。

実は、美顔器 として使用している人が沢山いるのです。

 

ケノン

 

エステサロンや皮膚科のクリニック、それに家庭用脱毛機
 
脱毛をする機会は沢山あります。
でも最近は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などの光を使った脱毛方式が主流。
 
しかし、光を使う方法って、最初は脱毛用ではなかったのです。
 
実は、光を使って顔なんかのシミやくすみを落とす事が目的の施術方式だったのです。
それを、外国のお医者さんが脱毛に応用して使ったことから始まったのです。
 
ケノンも光を使ったフラッシュ脱毛方式を使っています。
ケノン以外で美顔器兼用の家庭用脱毛器LAVIEくらいしか無いでしょう。
他は、使い方を間違えているんですね。

 

 

 

フラッシュ脱毛って、メラニン色素という黒い部分に反応するんです。
光を当てて、黒い部分の毛母細胞を殺す・・これが脱毛の原理
 
黒くなったシミも同じように 光で細胞を殺します
数日中に大抵はシミは取れる様になります。
 
しかも、普通の美顔器と違って体中どこでも使えるのが嬉しい。
背中、足、お尻・・どこでも使える美顔?器なんです。

 

ケノンを美顔器として使う時の注意事項

 

脱毛器から美顔器に切り替えるときはどうするの?

美顔器専用のカートリッジに取り替えます。
  カートリッジは別売りです。  通常タイプは5000円ですが、
スリムタイプやラージタイプ・エクストラタイプなどがあります。  
ラージタイプは7700円です。  エクストラタイプは9800円です。

 

美顔器はパワーはどのくらいが良いのでしょうか?

最少のレベル1で十分です

 

ケノンって光脱毛なので、眩しくないでしょうか?

もちろん眩しすぎます。美顔器として使用するときは必ず付属の
サングラスを掛けてから使用してください。

 

いつ使うのが良いでしょうか

洗顔の後が効果があるようです又、タオルを水を浸して顔を冷やしながら使用してください。

 

その他の注意点は

唇には絶対に当てないでください。唇を傷めることになります。

 

 

ケノン

くすみとは

 

くすみ・・とは肌が透明感を失った状態の事を呼びます。
原因はさまざまで、しっかり調べないとわかりません。
例えば
血行が悪い
・シミやそばかすが発生する色素沈着が起こり始めている
・単に肌が汚れているだけ
・睡眠不足
・体調不良
・精神的に不安定になっている
など、原因は様々です。
 
特に、肌が汚れている・・というのは化粧落としが十分でない場合があります。
ちゃんとグレンジングオイルなどを使ってしっかり化粧落としをしてください。
日によってくすんでいたりいなかったり・・という場合はこのケースが多いのです。
 
一方30歳代後半以降の人で、乾燥肌の人は要注意です。

この年代から、皮脂が減ってきているのです。
角質層が厚くなって水分が不足して潤いが失われているのです。
美顔器などを使って角質層を薄くする方法もあります。
又、しっかり洗顔して肌の保湿を保つようにすれば、解決に向かいます。
とにかく、原因を追求することが大切です。
肌の健康が阻害されている可能性が高いのですが、病気ではありませんので
早いうちならば、対策は可能です。

 

くすみが出来てしまたら、家庭用脱毛器のケノンで対策しましょう。

 

ケノン

 

保湿の為に油で蓋ってあり?

 

20年以上前は「お肌に充分に油分を与えて油でふたを」なんて
言われていたそうです。
確かに、とても解りやすい理屈です。でも本当なのでしょうか?
 
現在ではセラミドという成分が肌の水分の保湿に役立っていることは
解っていますが、理屈からいうと「水分の外側にある油分が水分の
蒸発を防いでいる」・・というほうが解りやすそうです。
 
世の中には保湿の為に顔にオリーブオイルを塗っている人もいるそうです。
でも実際は水分はどんどん乾いてしまって、保湿力は無いに等しい様です。
地中海のオリーブオイルなんていうと、高価で保湿力も高く思えますが
油に保湿力はほとんどありません
これで、肌荒れなんか起こしたら馬鹿らしいので、変な迷信は信用しないでください。

 

皮脂と油って同じもの?

 

皮脂と油って正確に言うと全く違うもの なのです。
つまり、油は常温では液体ですが、皮脂は固体なんです。
つまり、毛穴の奥にある皮脂は固体なので簡単に外に
出る事は無いのです。
もちろんクレンジングや石鹸なんかでは簡単には取れません
それに、夏場になると、皮脂が溶けやすくなってきます。
夏場に顔がテカる様になるのは、皮脂が液体化しているから
でも暑いからと言って、汗の様にどっと出てくる訳ではありません。
だから夏場に脱脂作用の強い化粧品を使うのも間違いです。
油とり紙で頻繁に拭き取れば問題ありません。
一方、冬場は皮脂は固体状態になっています。
実はこの時こそ問題で、皮脂がたまりすぎてニキビや吹き出物の
原因にもなり兼ねません。
冬場こそ、実はこまめに洗顔する必要があるのです
 そして、皮脂は体内から無限に供給されます。
この為、テカりに対してはビタミンCなどで対策するしか

ありません。

シミの原因

 

シミの原因って何でしょうか?
やはり、日焼けがシミの最大の原因と考えられます。
以前、登山やマリンスポーツなどで真っ黒に日焼けしている人が多い様です。
何十年も前に「タキシードボディ」などと言って真っ黒に全身日焼けするのが
流行っていましたが、そんなのは論外です。
 
特に肌の保護に全く無頓着な農家の男性(お爺ちゃん)の首筋が ひび割れするくらい
皺だらけになっているのを見たことがあります。
やはり太陽光線は肌に悪い・・改めて考えさせられます。
 
では、何故シミになるのでしょうか?
有害な紫外線から守るために肌のメラミン色素が沢山作られるのが原因です。
しかも、部分的にメラミン色素が濃くなる部分がシミとして変色しています。
 
シミを防ぐには、ホワイトニングの美白化粧品やUVカット、サンスクリーンが良いでしょう。
事実UVカットの化粧品は売れています。

サンスクリーンの効果は、日本の日の力を考えるとSPF15くらいが良いでしょう。
唯、暑い時期なので汗で流してしまう可能性が高いのです。
 
そこで、外出時はつばの広い帽子をかぶったり、UVカット4の化粧品などで対策をしましょう。
日焼け止めクリームを塗ったり、日に焼けてしまったら保湿効果の高い
化粧品で、肌を守る様にすれば、シミはできにくくなります